セックスが上手くなる方法

「キスを極める」上手にキスをする方法はキスの本質的な意味を理解することだった

俺の名前はTakuya1000

生涯で1000人以上の女と経験を持つ「寝取り」「ナンパ」界のカリスマだ。

現在は「脳科学」を根拠とした「SEXメンタリスト」として、日々多くの女性に「本物のセックス」を教えている。

あわせて読みたい
Takuya1000プロフィール 俺の名前は「Takuya1000」 「寝取り」「ナンパ」界のカリスマだ。 Takuya1...

このブログは「多くの女性に本物のセックスを知って欲しい」という目的で書いている。

あまりにも世の中の「低能チンポ男」が多い為に、信じられないくらい多くの女性が「勘違いSEX」の被害に遭っている。

「低能チンポ男」たちの「勘違いSEX」撲滅のために「本物のセックス」「正しいSEX」「SEXが上手に成る方法」を1000人以上の女達を抱いて来たこのTakuya1000がレクチャーしようと言う訳だ。

我ながら俺は多くの男女の救世主であると自負している。

今日は「具体的な」セックス上達法としての第一回目「キスが上手くなる方法」を伝授しようと思う。

「究極の前戯」についてはこちらの記事を↓

あわせて読みたい
女が本当に感じる前戯とは?脳科学から考える女性をイカせる鉄板テクニック俺の名前はTakuya1000 生涯で1000人以上の女と経験を持つ「寝取り」「ナンパ」界のカリスマだ。 現在は「脳科学」を...

キスを征する物はSEXを征する

なぜセックスが上達する為に「キスを極める」必要があるのか?

俺からすると全くの愚問である。

キスを征する物はSEXを征する

ということわざがある(ほんとは無いけど)

セックスは「キスに始まり」「キスに終わる」

キスが下手な男に「セックスが上手い」男は存在しない。

君が「低能チンポ男」であれば、君のいつものセックスは説明されなくても想像が付く。

低能チンポ男のSEX

女とあれば一秒でも早く服を脱がし、おっぱいにむしゃぶりつき、ガシガシと自分よがりの手マンをし、気がすむまで女にチンポをしゃぶらせ、まんこにチンポをぶち込み、ひたすら腰を動かして射精する

これが君がいつも女にしているセックスだろ?

心配しなくてもいい。

男の85%ほどは、実は君と同じ「低能チンポ男」であるし、君と同じ様な「間違いだらけの最低セックス」をしていると俺は思っている。

だからこそ君はこの記事を読み、それを理解し実践して欲しい。

85%の「低能」から脱する為にな。

重ねて書くが、まず知ってもらいたいのは

キスを征する物はセックスを征する

という言葉なんだよ。

それほどに「キス」は重要ってことだ。

まずは「キス」の重要性を説明して行こう。

キスがしたい男したくない男

まず女が「キスがしたい」と思う男はどんな男だろうか?

モテる男=イケメン

という短絡的な考えからすると、女がキスをしたい男=イケメン ということになるが

女が自ら「キスがしたい」と思う男=イケメン

とは限らないというのが実は答えなのである。

もちろん「不潔」「口臭がひどい」などの前提は論外。

あくまで「清潔」で「口臭の無い」状態であれば実はイケメンではないあなたも、女がキスがしたい、と思える男になれるかも?という話だ。

女の方から「キスがしたい」と思われるような男であれば、その先に「セックス」があるのは容易に想像出来るだろう。

女とのセックスへの最短距離こそ「キスを理解する」ことにある。

あなたはキスを理解しているか?

無修正投稿掲示板
「キスの方法」と言えば、フレンチキスやディープキスなどの「手法」ばかりに目が行く。

キスについて重要なのは、キスの持つ本当の意味の理解や物理的な作用を理解する、ことにある。

「恋愛遺伝子」と言われている「HLA」という遺伝子領域があることをご存知だろうか?

HLA(Human Leukocyte Antigen=ヒト白血球抗原)は白血球の中の配列のこと。

この配列が「遺伝子」と「男女間の関係性」に非常に大きな影響を及ぼす事が、世界中の研究で証明されている。

このブログで度々登場する「男女の恋愛の大前提」では、我々は「人間である」という認識を持つ事だ。

動物である以上「子孫を残す」ことが生きる事の「大命題」であり、その為に「何をするか?」が人生であるとも言える。

人間と言う種の動物も、他の動物同様「より優秀な子孫を残す」という本能がある。

この「本能」の部分が「HLA遺伝子」という訳だ。

「より優秀な子孫を残す」場合、自分と異なった遺伝子配列を持った人間との性交が必要とされる。

面白い事に「自分に似ている」遺伝子配列を持った人間より「自分と異なった」遺伝子配列を持った人間との間に出来た子供には「免疫力」「生命力」が高いというわけだ。

男は「動物」として本能的に繁殖を求める。

その際男が一生で体外に排出出来る精子の量は、かなりの量であることは間違いない。

一方女性も「動物」として本能的に繁殖を求める」

しかし女が「受精」出来る機会は、一生の間にそう多くは無い。

だから女性は「自分にちゃんとマッチした」「自分とHLA遺伝子が似ていない」男性を本能的に探しているのだ。

つまり女性から見た「上手なキス」というのは、見た目のテクニックではなく「DNAレベル」の「動物的」感性が必要とされるのだ。

ここまで理解して「女性とのキス」をしている男性は、果たしてどの位いるのだろうか?

ここが「低能チンポ男」として一生女に困る様な日々を送る男になるか、俺の様な1000人以上の女を抱ける様な人生を送る様になるかの境目なのである。

今日から出来るHLA判別方法

しかし唾液の中の「HLA遺伝子」が自分と似ているか?似ていないか?を判別することは、専門的な研究機関でしか不可能だ。

では日々、ナンパや出会いで会う女性との「HLA」を判別する方法が無いのだろうか?

と俺は一時期真剣に考えた。

そこである法則に気がついたのである。

「HLA」は遺伝子細胞の一つである。

遺伝子細胞が集合して「個」が形成されることが当たり前なのであれば、HLAはその人の「外見」にも関わるのでは無いか?という仮説である。

俺はどちらかと言うと「痩せている」

昔からそうだが、ガリガリに「痩せている」女は好みではない。

女はある程度「抱き心地」が必要だと思っているし、巨乳や巨尻は大好物だ。

しかしそれは「俺が持っていない」遺伝子の結果だとは言えないだろうか?

つまり自分自身の「見た目」とかけ離れた「見た目」であればあるほど、その人のもつHLA遺伝子は自分と違う可能性が高い、とは言えないだろうか?

何度も書くが、俺は今まで1000人以上の女を抱いて来た。

その膨大なデータを精査すると、何となくではあるがその女の持つ「HLA遺伝子」を「外見から」見抜ける様になっているような気がする。

つまり俺は、女が「遺伝子レベル」で俺を求めているかそうでないか?を先に見抜くので、当然女からしたら「この人のキスは心地よい」「この人のセックスは凄い」となる確率が俄然高い。

つまりこの文章を読んでいるあなたも、これから出会うべき女達の「HLA遺伝子」に着目しながら関係を持って行くと、その積み重ねがやがて「見極める力」に成長することだと俺は信じている。

キスの基本

ここまで書いた結論を言えば、自分とHLA遺伝子の構造が違っている、似ていない女とのキスであれば、相手も「心地よい」「気持ちいい」と感じる、ということだ。

よく「身体の相性」という言葉を使う人がいるが、俺から言わせるとそれは「身体」というハード面ではなく「DNA遺伝子」レベルでの違いなのだ。

どんなに見た目が綺麗な女、顔がイケメンな男でもこの「HLA遺伝子」が自分に似通っていると、それはきっと上手く行かない。

とは言え「キス」にもルール、マナーがある。

最後に男が女とキスをする上での注意点を今一度解説する。

  1. 口臭は絶対NG(タバコ臭いの最悪)
  2. 歯の色に注意(黄色だったらホワイトニングを)
  3. 口回りのヒゲは綺麗に(女はチクチク痛い)
  4. 歯だけではなく舌もケアを(唾液がネバネバする)
  5. 唇に潤いを(カサカサひび割れで女は萎える)

上の5つはキスをする前の「最低条件」だ。

この5つが守れていない男は、どんなテクニックを駆使してもまず女が「気持ちいい」「上手」と思えるようなキスは出来ないと断言する。

基本的な「口臭ケア」「口腔ケア」を日々しっかりと行い来るべきチャンスに備えよう。

「キスが上手い男」「セックスが上手い男」になる秘訣の一つは実は「日々の鍛錬」なのだよ。

あわせて読みたい
モテる男は「セックスが上手い」「上手なSEX」の定義とは?俺の名前はTakuya1000 生涯で1000人以上の女と経験を持つ「寝取り」「ナンパ」界のカリスマだ。 現在は「脳科学」を...